ハロウィン

 

 

 

ハロウィンその2

 

 

 

 

こんな頼りない傘でも私のちっぽけな心を守るくらいは出来るの

 

 

彼女は私を守るための鎧だった

 

お前の悲しみも
喜びも
美しさも
荒々しさも
冷酷さも

こうして摘み取っていこう

ただ茨だけが残れば良い
お前が美しい薔薇だったと私だけが知っていればいいのだから